衝撃の目撃

通勤途中に交通事故を目撃しました。

自転車と車の事故で、自転車の方はタイヤに足が挟まって泣き叫んでいました。

男性たちが必死に助けようとしましたが、全然だめで救急車を待つことに。

10分ほどかけてなんとか救助することができましたが、たぶん骨折していると思います。

リハビリしてちゃんと歩けるようになるか心配ですね。

事故を起こした張本人は老人だったのですが、悪びれる様子もなく端っこでタバコ吸っていました。

きちんとした謝罪とかもないでしょうね。

被害者の方がかわいそうですね。

しっかりと慰謝料払ってほしいものです。

まさか保険未加入とかではないでしょうし…。

保険加入していても保険会社はできれば払いたくないので、何かと理由をつけてくるでしょうね。

こういった保険会社と交渉するのも精神的に疲れるんですよね。

できれば弁護士にお願いして任せるのが一番ですね。

そうしたら精神的にも多少楽になりますし。

交通事故示談金交渉における素因減額と加重障害とは?/a>